「マスクの再利用について」全国マスク工業会が指針

2020.03.06Category:お知らせ

2020 年 3 月 4 日に新型コロナウイルスでマスクが品薄の状態の中、「マスクの再利用について」全国マスク工業会が指針を発表しました。

洗って繰り返し使える表記のないマスクは 、おススメできないとしてる一方、どうしても洗って再利用したい場合のアドバイスをしています。

以下、「マスクの再利用について」全国マスク工業会の指針より

1)マスクの再利用 については、まず、パッケージ表記をご確認ください 。

☆洗って使える タイプ
ガーゼマスクやウレタンスポンジ製のマスクで、洗濯可・再利用可などの表記のあるもの
※洗濯方法がある場合は、表記に従ってください。

☆洗って繰り返し使える表記の無い タイプ は、
洗うと機能が落ち るので お勧めできません。
使い捨てマスクで洗えると記載していないものは、洗っても機能上は元の機能を有しません。

2)洗って繰り返し使える表記のないタイプを 、どうしても洗って再利用をご希望の場合:

①中性洗剤で、もみ洗いではなく、押し洗いしてください。
※漂白剤、柔軟剤の使用はお勧めしません。

②十分なすすぎをしてください。

③熱に弱い材料が使われているマスクもあるので、型くずれを軽減するためにも乾燥機は使わずに、十分に乾燥させてください。
※洗って繰り返し使える表記のないマスクは、洗うと、中に入っている静電フィルターの性能が落ち、マスクとしての性能も落ちてしまいます。
※再利用される場合、あくまでも咳エチケット・濃厚な接触感染や鼻口に直接触れる頻度を少なくする為の使用であることをご理解ください。
なお、抗菌材・活性炭などを含んでいる素材を使っている タイプもあるので、抗菌スプレー・アルコール消毒液などは使用しないでください。
未使用の時の捕集効率は維持されません。低減レベルについては、使用条件などによるので一概には言え ません。

以上

今後、マスクに関する情報があった場合には、日本衛生材料工業連合会の公式サイトなどでお知らせするという。

http://www.jhpia.or.jp/