山陰経済ウィークリー12月25日号に掲載!介護相談窓口

2019.01.08Category:メディア掲載

山陰経済ウィークリー12月25日号に島根県内初の取り組みでもあります
市内のスーパーダップス店舗内に介護の無料相談窓口を開設した取り組みを掲載いただきました。

 介護事業を展開する有限会社齋藤アルケン工業(浜田市下府町、齋藤憲嗣社長)が、スーパーのダップス(同市田町)の店内で、介護に関する無料相談サービスを始めた。当面は年金支給日に合わせて2ヶ月に1回のペースで窓口を開設し、買い物の際に気軽に相談できるようにする。齋藤アルケン工業によると、スーパー内に民間企業が介護の相談窓口を設けるのは島根県内で初めてという。

 ダップスは株式会社油屋(同所、佐々木弘康社長)が経営。買い物客の新たな来店動機をつくりたい同社と、高齢者やその家族の間で認知度を高めたい齋藤アルケン工業の思惑が一致した。
 窓口は店の出入り口付近のイートインコーナーを活用し、高齢者の来店が多い年金支給日(偶数月の15日)の午後1時~3時に開設する。予約不要。
 齋藤アルケン工業に勤めるケアマネージャー5人が交代で詰めて応対。血圧を測定した後、健康や介護に関する質問に答えたり、相談に応じたりする。相続や葬儀などケアマネージャーの専門外の質問でも、司法書士や葬儀業者を紹介するなどして対応する。
 11月11日の「介護の日」に同店でオープニングイベントを開いたのに続き、12月にも窓口を開設した。ダップスのチラシに開設日を掲載するなどしって周知を図っている。
 齋藤アルケン工業は介護用品のレンタルや高齢者向けの食事宅配サービスなどを手掛ける。不特定多数が訪れるスーパーに相談窓口を開設することで、高齢者だけでなく、将来介護サービスを必要とする可能性がある世代とも接点をつくりたい考えだ。
 齋藤社長は「高齢化の進展で介護についての相談ニーズは高くなっているが、気軽に相談できる場所はあまりない。要望があれば開催の回数を増やしたい」と話している。

山陰経済ウィークリー12月15日号より抜粋

■問い合わせ先
会社名:有限会社 齋藤アルケン工業
事業部:福祉事業部 ほほえみライフ
住所:島根県浜田市下府町327-119
担当者:齋藤憲嗣(代表)

連絡先:TEL0120-755-388 FAX0855-22-1644 Mail:support@hohoemilife.info