介護保険を活用して住宅改修を行う場合、支給限度額のリセットがあることをご存知ですか?

2021.04.20Category:介護リフォーム

おはようございます。
「ありがとう」を創造する会社 ほほえみライフ代表の齋藤です。

介護保険を活用して住宅改修を行う場合、原則同一住宅で20万円が支給限度基準額となり、20万円を一度きりの活用で住宅改修工事(介護リフォーム)が行なえます。

但し、下記の要件を満たせば、支給限度額がリセットされます。

①要介護等状態区分が 3 段階以上重くなった場合
②転居した場合

この場合、新たに支給限度基準額として20万円が利用できますので、覚えておくといいかもしれません。

弊社の場合、そういった知識もあり、専門の福祉住環境コーディネーターが専従していますので、安心してご依頼いただけます。

 

安心をかたちにするお手伝いをさせていただく
ありがとうを創造する会社
「ほほえみライフ」をよろしくお願いします。

AmazonのKindleにて
工事する側が真剣に伝えたいことをまとめました 介護住宅改修術: 40歳から知るべき介護保険の使い方
という電子書籍を出版しています。
無料ですので、よろしければどうぞ!